AUSTRALIND

第2の故郷

ピクニック

f:id:sujin21:20180521101146j:plain
最近のマイブームは、ピクニック😃🎶
こんなお弁当持って、新緑の中で過ごす1日は、なんて贅沢なのだろう…

と、想像することが、マイブーム💦

まだ、実行出来ていないのですが、お料理教室のお友だちとこんなお弁当を作ってみたり、ピクニックの雑誌を見つけて読み更けたりしています。
f:id:sujin21:20180521101027j:plain
こんな豪勢なピクニックは、後でします。
今は、レジャーシートとお弁当と水筒を持って、濃い青と濃い緑の下で、お喋りしたいです。

…って、もう、シトシトピッちゃん☔️☔️🐌だけど。

シトシトピッちゃんって、何だっけ?
今、急に、どこかで聞いたことのある様な…

フラダンス

イベント3日前に、振付を何とか頭に入れられた私は、ワクワクドキドキ💓の音が、周りに聞こえるのではないかという程に緊張しながらも、我ながら、驚異的な集中力を発揮していたのでした…。

私にとっては、この緊張感は喜びでした。

はじめてのフラダンス🌺
初心者中の初心者の私が、こうして皆と一緒に暖かく舞台へ立たせて頂けることに、感謝の気持ちでいっぱいです。

出番直前の様子…
f:id:sujin21:20180605233542j:plain
これは、イベントへ来てくれたお友だちが、撮ってくれていた写真です。

予想以上に…指先まで震えます😵💦
f:id:sujin21:20180605234044j:plain

1ステージと2ステージの間に、作戦タイムです。
f:id:sujin21:20180605234244j:plain

ここで、いったんランチタイム☀️🍴
f:id:sujin21:20180605234848j:plain

上手なチームのフラです✨✨✨✨
f:id:sujin21:20180605234425j:plain

最後は、出演者が出たり入ったり…
自由に皆で踊ります~😆💨
f:id:sujin21:20180605234525j:plain

皆、本当に、カラフルな衣装とニコニコな笑顔です🤗



※メイクの不思議…
昨年から、主にお顔の湿疹に悩み中なのですが、お薬を服用するよりも、舞台用メイクのクレンジングを使い出してからの方が、お肌の調子が断然に良くなってきたのです!
今年から、処方して頂いていたのはビタミン剤なのですが、お医者様は、「疲れを溜めないことだよ」とも仰いました。
それは、=“横になり休む”ということではない…上手く言えないのですが、お医者様は、じっと私を見ながらニコッとしてくれました。
勿論、お薬は効いていたし、これまで施して頂いている献身的な医療を、批判するつもりは全くありません。
けっこうな濃いメイクをするので、クレンジングと言っても、肌への負担は相当だろうと思っていたので、…えっ!?って感じです😲
今回の私の場合は、ここまでの選択が正しかったのかなぁ…思い切ってフラをはじめて、良かったってことなのかなぁ…と、勝手に思っているのです。
ニコニコと、心から、夢中で、楽しめていることが、体調に出て来た部分もあるのかなぁ…と周囲に感謝しつつ、どんなことも、自分1人で出来ることはごく僅かということを、身に染みて感じています…。



はじめての舞台を終えて、フラの先生が仰いました。

“自分は女性だから、女性の事しかわからないけれど、少なくとも、このフラのレッスンでは、嫌だなぁ…等というマイナスな思いを、絶対に持たれることがない様にしたいと考えています。仕事をして、家事をして、子育てをして…幸せな中でも、様々なご事情を抱えながら過ごされて、ストレスも抱えがちだと思います。そんな中で、こうして皆さんとフラダンスを通して出会えて感謝しておりますし、これからも、皆さんに、暖かく楽しい気持ちになって頂き、それをエネルギーに、より日常を笑顔で過ごされます様に…。”

本当に、素敵な女性です🌺

欲と権利

生きていてくれれば良い

そのうち

幸せを感じて欲しい

そのうち

次は、何を望むのだろう。



幸せになるのは、欲なのか、権利なのか?

ある日突然、別れなければならなくなることがあるのだから、後悔しないというよりか…

愛情は出し惜しみなく、

時に迷いを受入れ、

ただの命を喜び、

ずーっと、大きな何かを見失いながら、勘違いしながら、生きてきてしまった気がするのです。

和菓子で休息

f:id:sujin21:20180601105712j:plain

ずーっと行こうと約束していた、ある人気和菓子店へ✨

初夏のもっと前の、フ~ッと…一息💨

鮮やかなクリアグリーンのお菓子は、
緑茶を寒天で固めたもの。

茶色の丸いお菓子は、
わらび餅。

七色に金粉が輝くお菓子は、
胡桃が入ったつぶ餡が巻かれたもの。

一つひとつ、丁寧に作られた食べられる芸術品。

滞在時間は、ほんの30分程。
時間ではなく、質なのだなぁと、つくづく思う…

和やかな時を過ごしました。

感動の涙を流した休日

先日、仙台国際マラソンの応援へ行って来ました!

お友だちのご主人が出場するということで、私も、応援に加わらせてもらいました📣

ざわつきが取れない心をどうにか静めたい思いと、大好きなお友だちに会いたい思いと…

やや気持ちが後向きでしたが、大勢の人の中にお出かけすることは、独りでいるよりも、良い刺激になるかなぁと思いました。

お出かけして、正解でした🎊

別の大好きなお友だちに、思いがけず、会うことが出来たこともそうだし、選手がスタートした瞬間、その情熱的な姿に、何だか、泣けてしまいました。

…こんなにカッコイイなんて😭✨✨✨

清々しくて、“よしっ!やるぞー!!”という気迫を感じて、本当に、素直に、カッコイイと思いました。
こんなに、思えるなんて、想像していませんでした。

素敵な休日でした。

f:id:sujin21:20180514233034j:plain

母に会いたくてたまらない。

同じ家族なのに、変な話。

特に、この数日…
心のざわつきが隠せない。

母とお喋りしたり、ご飯を食べたり、ただ、隣に座って欲しい。

どうしてか…
いつもは我慢出来るのに、ここのところ、心が定まらない。

母の心に、私を想う余裕がないこと、いつもは受入れられているのに、それに対しての不満が、ごまかせない。

人の温もりが恋しくなる。

どうして、弟は、こんなにも私を苦しめるのか、ふと思うと、耐えられる自信がなくなってくる。
そして、そんな弟を惨めで、可哀想に思う。
軽蔑しているのではなく、ただ、可哀想で仕方ない。

どうしたら、心の整理がつくのだろう…
最後の最後の段階まで来ている気がするのに、まだ、私の頭の中では、上手く思考が回転しない。

私のことを、愛してくれた人は、いるのだろうか?
そんなことまでを、思ってしまう。

誰かに愛されて、誰かを愛すことは、どこか、当たり前と思っていたけれど、何で、今まで疑問を持たなかったのか?
そこまで、私はあぐらをかいていたのか?

両親からの無償の愛を、信じる余力が、薄くなってきている気がヒシヒシとして、寒い。

母が元気なら、それで良いなんて…
奇麗事言っちゃって、本当は、母と一緒にいたい。
そう思っちゃダメなのだろうか?

f:id:sujin21:20180512222315j:plain

口にして良い思いと、内に秘めるべき思い。

根本的な解決の為に、責任や原因を追及するのは当たり前。
ただ、思いを受け止めることに、重きをおきたい。

ツラいことがあると、ついつい、世の中から置いてきぼりにされている感覚に浸ってしまうのが、私の悪い癖。

どんな逆境だろうと、元気に明るく頑張っている方々は、いっぱいいるのだから…と、いつも我に帰らせてもらえるのも、その世の中のおかげ。

ふと自分以外の世界を見渡すと、本当に、世の中は広いのだなぁ…と、何というか、ギュウギュウ詰めになっていた臓器が、フワ~っと、体内を優雅に漂う様に、開放的な感覚を覚えます。
様々な生活スタイル、様々な葛藤、様々な喜び…。

生活のレベルを下げるのではなく、幸せのレベルを上げること。

どんな思いも、正常な範囲へ導くことは、無理矢理出来るものではなく、時間や労力がかかるし、環境も大事です。

誰かに思われている方は、強いと思います。
目に見えないことは、信じづらかったり、忘れがちになるけれど、例え会えなくても、暖かな気持ちを向けることは、これからも続けます。

何かあった時に、きっと、導く為にあえて表に出さない思い、あると思います。
その言葉を聞いたら、心が痛む方、逆に、心が暖かくなる方、いると思います。
誰に対しての発言なのか、考えなきゃいけないと思います。
全てを、伝えなくちゃ…と焦る必要もないのだと思います。

後悔が、いっぱいあります。
もう、会いたくても会えない方もいます。
そんな場合でも、気持ちは必ず伝わるものだと信じることは、気休めではありません。そう感じてしまっているとしたら、その時は、マイナスの波に乗ってるだけなのだと…。

昔、自分の心の中が覗かれたら、どんなに楽か…と思ったことがありました。よーく考えると、恥ずかしいけれど、心から信頼している相手には、それでも良いと、今でも、やっぱり思います。どんな醜いことを思おうと、どんな妄想をしていようと、それが私だから。
※意外に、心を覗かれても、大して差はないのでは…?
(必死に隠しているつもりかも知れないけれど、顔に出ることはあるもの。または、口に出してることも気付かないだけで、やっぱりあるもの。)
ただ、サプライズが通用しなくなるのは、つまらないということだけ。それよりも、言葉に出来ないその思いを、私の中の映像を見て欲しい。