読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AUSTRALIND

第2の故郷

ほっこり

f:id:sujin21:20161126201040j:plain

70歳代だったでしょうか…

私の勤めるパン屋へ、お爺様が1人でいらっしゃいました。

トレーとトングを手に、何か迷っている様子です。

ちょっと気になったので、品だしがてら近くを通ってみました。

不安そうにしている、そのお客様が、「あの…、ベーグルって…」とお声がけ下さりました。

ご案内すると、まだ何か不安そうだったので、ポップ名と値段を読み上げ、試食をおすすめしてみました。

すると、「ベーグルっていうパンを買って来る様に頼まれたんだけど…、これで良いのか…種類がわからなくて…」と仰られました。

少し照れくさそうにポロポロお話して下さる、そのお姿に、きっと、慣れないお買い物なのに、どなたかの為に来られたのだなぁと思うと、こちらまでホッコリと暖かい気持ちになりました[emoji:B0F]

この夏以降は、ベーグルだとこの1種類のみということ、それから、中身の具材をご説明しました。

そして、「うん、じゃあこれだ…」と、2つトレーに取って下さりました。もし、何かありましたら、お声がけ頂ける様にお伝えし、私は、その場を去りました。

お店にいると、こんなホッコリを感じられることが、よくあります[emoji:B60]

他にも…

ご夫婦で杖をつき、寄り添いながらお買い物されるご夫婦。

はたまた…

常連様で、いつも無愛想な感じで、カツサンドを購入されるお客様が、「いつもありがとうございます!」で、えっ!?と戸惑いながらも、「どうも」と言いながら、フフッと口元が緩む瞬間にはヨシっ!と、なぜか勝った気分に…[emoji:B5B]勝ち負けではなかろうに。

夏休みなどは…

お爺様とお孫さんらしきカップルが、よくご来店されます。

爺「どれ食べたい?」

孫「アンパンマン…、あと赤いやつ…」

この会話の流れで、なぜか、目の前にあるあんパンを(お子様用の)籠に自力で入れようとする小さなお嬢様。

爺に、あんパンのことでは軽く突っ込まれながらも、目はもう別のパンに釘付け[emoji:B5B]

あんパンは、絶妙なタイミングで隣を通過する店員に、そっと返されるのでした…[emoji:B60]

お爺様は、きっと終始目が離せず大変でしょう…[emoji:B5C]でも、目尻は下がりっぱなしでした。

こんなこともありました…

小さな女の子が、お店の真ん中で突然、「どうしよう~っ!!美味しそうなパンがいっぱいで、困っちゃうわ~[emoji:B60]」と叫び…

周りのお客様も驚いてバッと振り返るも、なんだっ!?この可愛らしさは…[emoji:B0F]と、感激されていたことでしょう。

正直、クレームもあるし、接客中では困る場面もあります。

でも、この様に、素敵な出会いを数えていける様に、日々精進です。