読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AUSTRALIND

第2の故郷

健康ってだけで、幸せよ~。

f:id:sujin21:20161021203236j:plain

ここ数ヵ月、体の不調が続いていました。

胃がおかしくなり、治らないうちに肩、そろそろ落ち着いたかなぁと思えば、皮膚、次いで目…と、毎週の様に、病院へ。

病院がちょっと苦手な私は、ギリギリまで行くのを渋り、それが仇となりました。痛みが襲って来ると、「おぉ~っ[emoji:B57]きたな!!」と臨戦態勢をとるのが、昔からのクセです。

この気持ちは、わかって頂けますか…??

病院は、本当は嫌いなのよ~[emoji:B5B]

でも、はじめてかかる症状だと、自然と治っちゃうものなのか…何なのか、不安が残ります。そもそも、勝手な判断はしない方が良いのです[emoji:B5C]

火の玉を育てていた胃には、内視鏡を入れました。

肩には、これまたせっせと注射をして動かします。

お顔の皮膚が爛れた時には、ショックで…。

自分の顔に「あなたの顔、私は好きなのよ。」と心の中で、囁きました。

爛れが目にも広がり、眼科へ行くと「すぐ皮膚科を受診し直して!」とのことでした。

※1度、皮膚科を受診していたのですが、軟膏を処方して頂いたものの、経過が良くありませんでした。

言われた通りに、すぐ皮膚科へ向かいました。

※薬剤師さんの紹介を頂き、別の皮膚科へ。

診察室に入ると、お医者様が開口一番、仰いました。

「疲れているね…でも、心配ないよ。」

そして、椅子から立ち上がり、迎えて下さいました。

お医者様は、口に出来ないでいる私の気持ちを、悟ってくれている様でした。

先の皮膚科では「これだけ酷ければ、痕になると思います。」と言われていました。理由に心当りはないし、不安だけが大きくなって、どうすれば良いかわかりませんでした。

お医者様は様々です。

良い悪いではなく、フィーリングもあるのでしょう。

幸いなことに、胃のお医者様も肩のお医者様も、丁寧に原因や治療方針について話して下さりました。

とても混んでいる病院ですが、いつも優しいお医者様のことを、とても尊敬しています。完治して会えなくなるのは、寂しいです[emoji:B5B]

眼のお医者様も後の皮膚のお医者様も、専門外の部分まで嫌な顔1つせず診てくれて、心配して下さいました。

今は、劇的に回復中です。

私のことを心配し、一緒に病院を探してくれ、この眼科を強く進めてくれた、職場の方々に感謝します。

今回のことを肝に命じ、今後は過信せず、もっと自分の体を労ってあげないとダメね…と、お友だちと話していました。

自分しか、管理してあげられないのですから。

それはともあれ…ホッとしたからなのか?

ある朝、急に焼肉屋さんへ行きたくなりました[emoji:B5B]

普段、あまりお肉は好きではないのですが、妙に「THEお肉」を頂きたくなり、ついでに、冷麺も食べたくなりました。

その日のうちに、焼肉屋さんへ。

壷ハラミを1切れ…満足[emoji:B60][emoji:B60][emoji:B60]

季節柄、(大好きな)スイカではなく梨がいた冷麺でしたが、大満足[emoji:B60][emoji:B60][emoji:B60]

もっと頂きたかったけれど、今回は、ちょっとだけ。

また、いつか、焼肉屋さんに行きたいなぁ~[emoji:B5B]